失業手当が出ない

個人事業主のデメリットとしてあげられるのが、「仕事が苦しいのに(または全く仕事をできていないのに)失業手当が出ないという点です。失業保険というのは、仕事を探している人が受け取れる手当などに関する保険なのですが、個人事業主ということは、個人で仕事をしているという状態になってしまい、失業手当の対象者からは外されてしまうのです。

これは、前に何処かの会社で働いていて、会社を辞めたがどっちか迷っているという人にも重要な問題になってきます。勿論、またどこかの会社に就職しようと考えている人はこの問題はスルーしても大丈夫なのですが、フリーランスや個人事業主として働こうと思っている人は、開業届を出した時点で、個人事業主となってしまうので、苦しいところからのスタートとなってしまいます。全く仕事をしていなかったり、仕事が全く無かったりで失業と同じ状態にあったとしても、開業手当が提出されてからは、個人事業主として働いているという判断になってしまいます。そうすると、今は仕事をしていないだけという判断になってしまいますので、失業とは認められないのです。そのような点から失業手当を受け取る資格がないということになってくるのです。

もしも、個人事業主を辞めて、失業手当を受け取りながら再就職を目指したいという場合は、開業停止届か廃業届を提出しなければなりません。そうすることで、個人事業主ではなくなります。失業して再就職をする意志があるという意思確認になるので、再び失業手当の資格を手にすることができるのです。詳しくは、ハローワークなどで相談してみるのがいいのではないでしょうか。それをまとめたPDFなどもホームページに上がっています。困ったときはとにかく相談してみることをオススメします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です