信用が薄い

個人事業主のデメリットは、社会的な信用というを得づらくなるということです。と言っても、人としての信用がないというわけではありません。個人対個人の場合は、その人の人間性がそのまま信用になってきます。それとは別に、個人対企業の契約になった場合のデメリットとして信用が得にくいというのがネックになるのです。

簡単に言ってしまえば、銀行などの融資やクレジットカードなどと言ったところでは、信用ができるかどうかの問題になってきます。この場合の信用というのは、返済が可能かどうかというところになるのですが、個人事業主やフリーランスはここでの信用が薄いので、融資やクレジットカードの作成がしにくいというのが現状になってきています。クレジットカードや、ローンなどは、基本的に独立したり個人事業主になる前に組んでおくことをオススメします。タイミングとしては、もう会社を辞めるぞというタイミングで組んでおくと、その後がスムーズに働くでしょう。

また、最近では簡単にクレジットカードが作れる場所もあるので、とりあえずの面でそこで作るのも一つの手段です。基本的に、個人事業主となれば、融資が必要だったり、銀行との取引は少なからず発生してきます。しかし、フリーランスや個人事業主の信用というのはなかなか獲得できるものではありません。絶対に返せるという証拠を見せないかぎり、なかなか難しいでしょう。稼げるようになってくるまでは大変でしょうが、稼げるようになってくればそういうところも少しは緩和してくるでしょうが、始めた頃はどうしても難しい話になってきます。信用が獲得しにくいというのは、絶対にあるデメリットだと考えておいてよいでしょう。信用が全く無いというわけではなく信用されづらくなるという部分は多くの個人事業主が経験されることなので、自分だけではないという安心感を持っていただければいいなと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です