税金に対するデメリット

会社に所属し、IT技術者として仕事をしている方の中には、「毎日残業している割には、収入が見合わない」と感じている方もいると思います。会社に所属していれば収入は安定してきますが、大きく収入アップをすることはありませんから、これを不満と感じている方もいるでしょう。

そんな方の中には、「収入アップも出来るだろうから、個人事業主として仕事をしていきたい」と考えている方もいると思います。しかし、個人事業主になれば、税金面での苦労店もあることを忘れてはいけません。では、個人事業主の税金に関するデメリットについて、ご紹介しましょう。

まず、会社に所属している際には税金のことを考えることはあまりないでしょう。お給料が振り込まれた際、既に税金などは差し引かれていることになりますし、年末調整なども経理で全て処理をしてくれていることになりますから、税金の手続きをしたことはないでしょう。

しかし、個人事業主となれば、これらの税金に関しても自分で手続きを行っていくことが必要となります。個人事業主となった際には、所得税扱いとなり、所得に合わせて税金計算が行われることになります。ということは、所得が増えれば増えるほど、支払う税金額は大きくなるということです。個人事業主として、大きく利益を得てしまうと、税金が高額になってしまう可能性があるという点をまず知っておく必要があります。個人事業主として仕事をスタートさせ、利益が大きくなってきた場合には、法人化した方が税金を抑えることが出来るでしょう。個人事業主になれば、収入アップが出来ると考えている方も多いと思いますが、実際には税金が発生するため、利益によってはかなり高額な税金がかかってしまうこともありますから、注意が必要ですよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です